教養

教養とは

その人の肝の据わり方ではなか・・
と書いてありました。
魅力や教養は、天性の素質ではなく
後天的に学びを深め
経験を自分に身につけることで
自分という個を構え
自分の価値観を持つ

そういう人は、自ら世界と余白を持ち
世間に右往左往せず
雄弁に語れるものです。

何を語らずとも
散り際まで
人の心を揺さぶる桜のように
人生の四季を歩みたいものです。

今日のヒデキチでした。

[PR]
# by hidekichizm | 2018-03-29 09:22 | Comments(0)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

今年は「戊戌の年」です。
繁茂を果断し、陽気で維新すること
陰陽繁雑する意だそうです。

全てのものが土の中に還っていく状態。
何をとって何を捨てるか・・・

そのような意を受け止め
弊社も、枝を払い、風通しのよい状態に戻す時
更なる進化を求め、精進させて頂きます。

弊社恒例の年頭の一文字
「寂」としました。
侘び寂びの「寂」です。
枯れてしぶみがあり、声がひっそりしている様
激しく動く中にも凛とした寂の境地でありたいと思います。

そして、寂静の如く
a0336415_14055169.jpg





























今日のヒデキチでした。



[PR]
# by hidekichizm | 2018-01-13 14:08 | Comments(0)

「四季」

南国・鹿児島の
短い秋を感じられる季節です。

日本人に生まれて良かった
そう感じられる理由のひとつに
四季を味わえるから・・・
そんな理由が想い浮かびます。

目にはいる
自然の四季の移ろいは
身をもって
「世の常」を教えてくれます

夏を
「盛りの季節」にするなら
秋はその盛りの恩恵を受けた
「実りの季節」
同時に
これから訪れる冬への
「備えの季節」
そして冬はやがて訪れる春に向けて
「忍耐の季節」
忍耐が生み出すものは
年輪を積み重ねた上での
新たなスタート・春
「息吹きの季節」

四季をひとつの区切りとして
年輪を重ねながら
生きること

四季の移ろいのように
必ずまた
次の季節が巡ってくることが

時には
おごれることなく
謙虚に生きなくてはならないと
戒めてくれ、

また時には
忍耐の先には芽吹きと盛り
そして実りがあると
励ましてくれる

目に映る
四季より学ぶ世の常

[PR]
# by hidekichizm | 2017-10-27 11:18 | Comments(0)

「無」

「無」

日本人特有の「無」という文化

外国人からは
理解しがたい感覚だろうが
あえて・・・・言葉にせず
あえて・・・・何も置かず
あえて・・・・描かず
そんな意図のある「無」が存在する

日本の皇室内部の風景も
映像でみる度に感じることは
驚く程にシンプルだ

柔らかな光の入る窓辺の障子
同じく柔らかな色合いの絨毯
それと同化したような
主張しすぎない家具
そこに
たったひとつの花壺

海外の豪華絢爛な姿とは
真逆でありながら
ずっと上品で
品格を感じる

この「無」を理解するためには
想像力と思いやりが必要だ

あえて言葉にしないことや
言葉の間を
理解する為の
相手を思う想像力

何も置いていない空間や
描かれていない白を
自分自身の想像力で埋める感性

常日頃から
心と知識を磨き
感性を豊かにしておくことで
「無」は無限大に広がり
人生が奥深いものになるように感じる


そんな今日のヒデキチでした

[PR]
# by hidekichizm | 2017-10-16 08:00 | Comments(0)

「鏡」

神社へ参拝すると
御神体として鏡がある

私達は自分自身の姿は
鏡を通してしか
見ることができない

また
かがみの中心から「が」をぬく
か我み

神社には
願いをかけに行く場になりつつあるが
そこにあるのは
鏡にうつる自分の姿

願いに対しての
神の言葉は
我を中心に願いをかけるのではなく
あくまでも
今の
ありのままの
自分自身(自分自神)を見つめ
あるがままを受け入れ
理想との差を埋めるための
努力せよ・・・
ということのように感じる

この努力こそが
差取り=悟り へと
繋がるのかもしれない。


そんな今日のヒデキチでした。

[PR]
# by hidekichizm | 2017-10-14 15:35 | Comments(0)


VEGA HOUSE 社長   日々是鍛錬


by hidekichizm

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ご挨拶
未分類

以前の記事

2018年 03月
2018年 01月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月

最新のコメント

あれもこれも、と思ってし..
by 星名 at 11:20
柿の実がひとつ枝に残って..
by 星名 at 13:01
あかりが灯った灯籠を見た..
by 星名 at 17:58
お話を読んで、なるほど、..
by 星名 at 18:27
「デザインとアートの違い..
by 星名 at 13:36
ふだんの暮らしとは縁遠い..
by 星名 at 14:38
昔アルバイトをしていた喫..
by 星名 at 13:00
旅館の広間や法事の会食で..
by 星名 at 13:13
あけましておめでとうござ..
by 星名 at 13:38
テーブルや部屋で蝋燭をと..
by 星名 at 10:24

検索

最新の記事

教養
at 2018-03-29 09:22
謹賀新年
at 2018-01-13 14:08
「四季」
at 2017-10-27 11:18
「無」
at 2017-10-16 08:00
「鏡」
at 2017-10-14 15:35

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧