<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「道具の細道」

「和時計」

私達の暮らしのなかで
切り離せない道具…
「時計」


時は平等に流れているはずなのに
感覚的時間の流れは
人によって違うし
また、日により
置かれた環境により違う

楽しく充実した
あっという間の3時間もあれば
長く長く感じる10分もある

あっという間の3年もあれば
終わらない気がする1日もある

感覚的時間の流れを
標準化し
物理的な時の流れを決めるべく
人は紀元前2000年には、
時計の原型である日時計を作った

より正確に時をはかろうと
今でも尚、
時計は進化し続けている



日本の時の歴史の中に
和時計という道具がある

室町時代から江戸時代まで
日本では不定時法が使われていた
現在の定時法のように時の流れは
一定ではなく

時の流れは1日の中でも
一定ではなく
四季によっても時の流れは変化する


1日を日の出と日の入りを境に
昼と夜にわける

そのそれぞれを6等分し
そしてそのひとつを「一刻」と呼ぶ

1日を12刻に分け
真夜中を子の刻とよび
そこから十二支の名をつけた

季節により
日の出も日の入りも変わり
昼と夜の長さは違うため
春分、冬至、秋分、冬至を境に
時計は調整され
時の流れは調整された

夏の昼、一刻は長く
夏の夜、一刻は短い

冬の昼、一刻は短く
冬の夜、一刻は長い

和時計は時代の流れと共に姿を消したが
何か私達の感覚的時間の流れに
近いようにも思え
また、季節により
時の流れを変えることも
風情を感じる


家と共に時を刻む
掛け時計や置時計
自分自身と共に時を刻む
腕時計
時間を見ながら
感覚的時間と比べ
今の自分の充実をはかる

時計は
時を、はかるだけでなく
時の流れを感じるものでありたい

9月23日は秋分の日
和時計で時を計れば
これまでより
昼の一刻が少し短くなり
夜の一刻が長くなる

長い夜の一刻を
窓を明け風を感じたり
ゆったりと本を読んだり
月を見ながら酒を交わしたり

物理的な時の中で
感覚的時間の流れを楽しむ…

そんな穏やかな時間の過ごし方も
良いかもしれない

a0336415_6533733.jpg 


a0336415_654839.jpg


そんな今日のヒデキチでした。
[PR]
by hidekichizm | 2015-09-21 06:55 | Comments(1)

「道具の細道」

「一輪挿し」

花を生ける
日本では平安時代より
一輪の花を摘み愛でる
文化はうまれた

それから時代は進み
華道は華やかさを増し
様々な様式もうまれ
花器も多様に
大きな壷や水盤などに
沢山の花をいける
豪華絢爛な花の道がうまれた

しかし
ここでは源点に帰り
一輪…にこだわり
「一輪挿し」について

平安時代以前も
人は屋外で花を愛で
楽しんでいたことだろう

しかし、
その花を摘み
家の中にも季節を持ち込みたい
そんな気持ちが
一輪だけ…
花の茎を切り持ち帰り
水を指した小さな器に花を差し
花を生かした

はじめて
そんなしつらえをした時に
その一輪の花の持つ力に
人はどれ程感動しただろう…

無機質なものの中に
生命があるものがただひとつ入る
そこにうまれる本来の華やかさ
そして
たったひとつ…
そんな日本人の謙虚さ

自然から頂いた
小さな花の命を
生かす器…一輪挿し

小さな一輪挿しが
もたらす
大きな感動

花屋で買ってきた花ではなく
四季を感じ生きる
野に咲く花を
そっと摘んで

たったひとつの花を愛で
自然の造形美に感動し
感謝する

私達の暮らしを彩ってくれる
私達を源点に戻して
謙虚さを思い出させてくれる
そんな
道具に思えてくる

a0336415_64458100.jpg


a0336415_6452924.jpg


a0336415_6455639.jpg



[PR]
by hidekichizm | 2015-09-14 06:30 | Comments(2)

道具の細道  風鈴

「風鈴」

日本の夏、家屋の片隅から
爽やかな風鈴の音‥
清涼感と懐かしさを感じる


音の出るものは
古くから人の暮らしや精神に
深く関わってきた

音は、獣や魔物を追い払い
身を守るために使われた

庭の鹿威しや、
山に入る際の熊避け
畑に鈴をかけ農作物を荒らす獣を
追い払ったり‥
威嚇するための音を出す道具が作られた


一方で、仲間を呼ぶため
あるいは、神や仏を呼ぶため
自分に何かを引き寄せるための音もある

仲間や仲間である獣を呼ぶための笛
神や仏を拝む際には鈴を鳴らしたり
太鼓や木魚を叩いたり
笛を吹いたり
引き付けるための音を出す道具も
作られた


昔は強い風が吹くと
悪い病気や悪い神が来ると恐れられた

現代的に考えると
夏の台風が災害をもたらしたり
電気のない時代に
暑さは病気を招いたり
怪我の治りを悪くしたりしたのだろう

そんな夏の日に
難を逃れるようにと
暑気払いの為に
家の片隅にかけられたのが
風鈴の文化の始まりのようだ

今では夏の暑い日に、
目には見えぬ風を
音を通して伝えてくれる
清涼感を与えてくれる道具という
役割の方が大きく感じる

素材もデザインも豊富な風鈴‥
南部鉄や吹きガラス
木製のもの、真鍮のもの
火鉢風鈴など
日本全国で様々に歴史をもつ風鈴が
作られている

まだまだ残暑厳しい
日本の夏

我が家に合う風鈴を探したり
風鈴の音に耳を澄ます
時には、そんな道具との過ごし方も
良いのではないだろうか


a0336415_86524.jpg





そんな今日のヒデキチでした
[PR]
by hidekichizm | 2015-09-07 08:23 | Comments(1)


VEGA HOUSE 社長   日々是鍛錬


by hidekichizm

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ご挨拶
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月

最新のコメント

あれもこれも、と思ってし..
by 星名 at 11:20
柿の実がひとつ枝に残って..
by 星名 at 13:01
あかりが灯った灯籠を見た..
by 星名 at 17:58
お話を読んで、なるほど、..
by 星名 at 18:27
「デザインとアートの違い..
by 星名 at 13:36
ふだんの暮らしとは縁遠い..
by 星名 at 14:38
昔アルバイトをしていた喫..
by 星名 at 13:00
旅館の広間や法事の会食で..
by 星名 at 13:13
あけましておめでとうござ..
by 星名 at 13:38
テーブルや部屋で蝋燭をと..
by 星名 at 10:24

検索

最新の記事

瀉瓶
at 2017-08-03 10:56
学・稽古
at 2017-07-30 08:58
せぬ隙
at 2017-07-28 07:38
誘い水
at 2017-07-17 09:25
役目
at 2017-05-06 10:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧