道具の細道  季節を感じる道具

「季節を感じる道具」

季節の移ろい
月や太陽の動き
草花のたたずまい
虫の音や鳥の声

あらゆる自然の変化に敏感に
生きていた昔の人

そんな昔の暮らしの中でうまれた
「二十四節気」
季節により添った暦

この暦の中でも今に引き継がれ
暮らしの中に残る
3月3日の桃の節句
5月5日の端午の節句
7月7日の七夕

子が健やかに健康に
どんな環境も乗り越え
立身出世を願う
桃の節句、端午の節句

手習い事の上達を願い
短冊を書き
笹に願いをかける七夕

止まることなく廻る季節の中で
ふと
雛人形や鯉のぼりや兜
笹の葉に揺れる七夕飾りを
目にした時
私達は時の節(ふし)を感じ
人や未来を想い願いをかける
その時間
時は穏やかにゆっくりと流れるような
気がする

慌ただしく過ぎる現代にこそ
必要な
時の節を感じ、
時の流れを穏やかにしてくれる
道具なのではないだろうか

a0336415_810334.jpg


そんな今日のヒデキチでした。
[PR]
by hidekichizm | 2016-04-23 06:52 | Comments(1)
Commented by 星名 at 2016-04-26 18:27 x
お話を読んで、なるほど、以前の和時計のお話と通じるのですね。

二十四節気と聞いて夏であれば立夏と夏至は思いつきますが、あとの4つは分かりません。
桃の節句と端午の節句は知っていましたが、七夕も節句だとは知りませんでした。1月7日と9月9日も、それぞれ七草と菊の節句なのですね。知りませんでした。

知らなかったついでに、二十四節気、五節句、雑節の意味をちょっと調べてみると、八幡さんが書かれていたように、「季節によりそった生活の暦」だということがよく分かりました。暑さ寒さから健康や作物を守ったり天候の不順に備えるなど、暮らしの知恵ですね。

暑さ寒さを克服する衣類や住まいを得て、七草粥や土用のうなぎを食べなくても健康でいられる食生活に馴染んでいます。しかし、端午の節句の意味や成り立ちを知ると、「なるほど」と、ちょっと豊かになれた気がします。

時の流れに節を刻んだ日本の暦は、季節を感じ、豊かに暮らすための道具ですね。


VEGA HOUSE 社長   日々是鍛錬


by hidekichizm

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ご挨拶
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月

最新のコメント

あれもこれも、と思ってし..
by 星名 at 11:20
柿の実がひとつ枝に残って..
by 星名 at 13:01
あかりが灯った灯籠を見た..
by 星名 at 17:58
お話を読んで、なるほど、..
by 星名 at 18:27
「デザインとアートの違い..
by 星名 at 13:36
ふだんの暮らしとは縁遠い..
by 星名 at 14:38
昔アルバイトをしていた喫..
by 星名 at 13:00
旅館の広間や法事の会食で..
by 星名 at 13:13
あけましておめでとうござ..
by 星名 at 13:38
テーブルや部屋で蝋燭をと..
by 星名 at 10:24

検索

最新の記事

役目
at 2017-05-06 10:32
五観
at 2017-04-16 10:34
繋がり
at 2017-04-07 08:36
知足者富
at 2017-04-03 11:43
花鳥風月
at 2017-03-28 10:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧