道具の細道 「絵」

「絵」

絵のある暮らし‥

それは人が言葉や文字を持つ前まで
さかのぼる

壁画を描いたことは
人の知能と文化の発展の
歴史の始まりともいわれる

太古の原始人が
何故絵を描いたか
それは不明だが

人に言葉を交わす知能がないとき
何か感情や想いやを
絵に託し
コミュニケーションを
はかろうとしたのか
自分の願いを絵にしたのか

いずれにしろ
絵は
伝えるための道具であり
口に出来ぬ感情や祈りを
託す道具だったのでは
ないだろうか…

時代は流れ
日本では
ふすま絵や屏風絵、掛け軸など
絵と暮らしは密着してきた

戦国時代は
ふすま絵や屏風絵は権力を示す
道具となった

茶の道では
季節や時間
天気や客によって
掛け軸を変えることが
もてなしであり
そこに客人に対する
想いが託された

時代が流れても
絵は
人が願いや想いを寄せる道具として
暮らしに根付いた

一方で
絵は暮らしの中に
無くては成らない道具ではない

しかし
人が本能的に感情を寄せることが
出来る
人を豊かにする道具なのだ

感情を揺さぶる
絵との出逢い
そして
暮らしの中に
絵を愛でる時間を持つ

そのことが
暮らし方や生き方を豊かに
人生というキャンパスを色鮮やかに
してくれるだろう


a0336415_8495245.jpg

「寂光」 ヒデキチの間より

日本画家  中野大輔さんの作品  
私の自宅に足を御運び頂き
私と、ヒデキチの間をイメージして
描いて頂きました。
京都在中です。



そんな今日のヒデキチでした。
[PR]
by hidekichizm | 2016-03-31 08:50 | Comments(1)
Commented by 星名 at 2016-04-06 13:36 x
「デザインとアートの違いは」という話題になったことがあります。商業的か否か、目的があるのかそれとも自由な創作なのか、と、さまざまな論点がありました。私は違いはないと考えました。というよりも、何がアートなのか示せませんでした。

あるとき、ある工学博士の言葉にハッとしたことがありました。
「役に立たないものがアート、役に立たないことが高尚」。そうか! と思いました。

良いとか、正しいとか、有益とか、優れているとか、そういうモノサシで測るものではありませんね。デザインとアートを並べて論じるのは違うと理解しました。

「絵は暮らしの中に無くては成らない道具ではない」としながら、感情を揺さぶる絵との向き合い方を書かれたブログを読んで、絵とは何かを再認識した思いです。

名声や評判や値段にかかわらず、ましてインテリアの小道具でなく、「好き」という自分の気持ちが見えてくる絵を掛ける豊かさ。暮らしの中のアートですね。


VEGA HOUSE 社長   日々是鍛錬


by hidekichizm

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ご挨拶
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月

最新のコメント

あれもこれも、と思ってし..
by 星名 at 11:20
柿の実がひとつ枝に残って..
by 星名 at 13:01
あかりが灯った灯籠を見た..
by 星名 at 17:58
お話を読んで、なるほど、..
by 星名 at 18:27
「デザインとアートの違い..
by 星名 at 13:36
ふだんの暮らしとは縁遠い..
by 星名 at 14:38
昔アルバイトをしていた喫..
by 星名 at 13:00
旅館の広間や法事の会食で..
by 星名 at 13:13
あけましておめでとうござ..
by 星名 at 13:38
テーブルや部屋で蝋燭をと..
by 星名 at 10:24

検索

最新の記事

儒教の言葉
at 2017-08-22 09:10
瀉瓶
at 2017-08-03 10:56
学・稽古
at 2017-07-30 08:58
せぬ隙
at 2017-07-28 07:38
誘い水
at 2017-07-17 09:25

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧